気づいて欲しい

うまねんさんのエントリを読んで、思った。
わたしなんて、どこかしらに必ず東京のグッズを付けている。付け替えるということをしないので、ほとんどのバッグやザックには初めからSOCIOプレゼントだったり、キーホルダーだったり、小さいマフラーだったりがちゃんと付いている。
おまけに鍵はもちろん東京のキーホルダーにがっちり繋がっているし、毎日のお弁当クロスは勝サンドのキティちゃんか鬼太郎。家の壁にはポスターやカレンダー。

冷静に客観的に考えると・・・ま、あれだけど。
要するに、これだけやっているわたしは、気づいて欲しいと思っている。
これだけFC東京が好きなわたしに気づいて、認めて欲しい。
知っている人は知っているけれど、直接知らない人にも知って欲しいという野望を抱いているのだろう。
見なさい、わたしの携帯ストラップを、そこの人。
このカラビナはSOCIOの証、控えおろう。

会社の接客スペースにはスタッフ一人一人の自己紹介が写真と一緒に掲示されている。
趣味や好きなものについて。
わたしは言うまでも無く、いかに酒とFC東京を愛しているかを語っている。
それを見て、反応してくれたお客さんは今までに2人いた。
1人は広島のサポーターで今は東京に住んでいるので、なかなか試合が見られない。広島に帰るのが待ち遠しいと話してくれた。

もう1人は東京ガス関連の会社の方だった。
全社的に応援しているのはもちろんのことだという言い方だった。
わたしより少し上と思われるその方は「こんなに成功するとはね」と言った。
Jリーグに参入するということは今でも10年前でも変わらずに、堅実を旨とする会社にとっては冒険だ。

「今年は期待してください!」
と言ったのはわたしの方だった。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-06-17 06:43 | FC東京


<< 東京ガス元従業員の証言 バーレーン戦に行くって >>