アルプスの風でアルウィンです

松本空港に隣接する松本平広域公園球技場は、広々とした空とアルプスの山々が訪れた人の気持ちを新鮮に、おおらかにしてくれる。
愛称のアルウィンはアルプスとウィンドを足して2で割った按配の造語。

イタリアやスイスあたりにもこうした気持ちの良いスタジアムがあるのではないだろうか。

このスタジアムの素晴らしさを初めての方にも味わっていただくために、なんとしても明日は晴れてほしい。せめて薄曇。しかし、予報ではずっと弱い雨となっている。日焼け止めより必要なものはポンチョであるようだ。今晩はみんなで”てるてるぼうず”を作ろう。
明大前ペーニャに坊主が2人いるから軒先にぶら下げておくと良い。

一昨年の試合の際のエントリ

ほとんど役に立つことは書いていない。早く行かないと、駐車場が遠くなるということくらい。

スタジアムの売店はそっけないので、町で食料を準備していったほうがいい。

空が自慢なので、もちろん屋根はない。

参考までにスタジアムは1日10万円で借りられる(有料入場の場合)。観覧席は4万5千円。
14万5千円を1万人で割ると、14円50銭。なんの意味もない計算だ。

てるてる坊主には必勝祈願もしておこう。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-05-30 15:14 | FC東京


<< 松本限定 明大前ペーニャ的理想のCB >>