関塚監督辞任

関塚監督が体調不良のために辞任することになった。
2006年はリーグ2位、昨年はナビスコ杯決勝で敗れ、今年こそはタイトルというプレッシャーの中で心身のバランスが崩れたのかもしれない。

関塚さんは勝ちに拘る監督だと思う。川崎のなりふり構わず勝ちに行く姿勢が時にセコイとさえ見えて苦々しく感じることもある。
関塚さん自身も試合中に執拗に審判に抗議したり、試合後の会見でジャッジに皮肉を言うようなことがあった。2年連続九石ドームで退場になったエピソードが示すように、冷静な分析家の一面とは逆の熱くなりすぎる面も見せた。
外に対しては選手を徹底的に庇う姿勢を通し、信頼を得てチームをまとめた。
サポーターからも選手からも愛された関塚さん。志半ばでの退任は誰にとっても残念だろう。

まだまだ若いのだから(城福さんと早大でチームメイト)、体調を整えてまた現場に元気な姿を見せてください。

監督ってストレス多いよね・・・
[PR]
by inadafctokyo | 2008-04-25 07:39 | サッカー


<< 日本平のアウェイゴール裏を満員に FC東京ってこんなチームです >>