わたしが結婚指輪を外した理由

c0068891_22504991.jpg
試合前に小平市の少年少女サッカークラブによる試合がありました。
こどものサッカーって8人制でしたっけ?
超コンパクトでスペースがないにも関わらず、逆に言えば密集を抜け出せばそこは広大なスペースなのですが、こどもたちはドリブルが大好きでした。
Jリーグではありえないくらいドリブラーが出現するこどもサッカー。
要するにボール持ったら放したくない、それがこどもの生きる道!

c0068891_22513731.jpg
チョンテセに寄り添うサハラ、ジュニーニョにひもをつけたようなフジ。守備は悪くなかったと思います。ところがセットプレーから2失点。崩されたわけではないとはいえ、観ていて非常に嫌な感じのする失点でした。
それでも少しも気落ちする気配を見せず、追いついて後半勝ち越しました。

c0068891_22522587.jpg
J初ゴールとなった、得意のループシュートも目を見張るものでしたが、今ちゃんに出した正確で優しいパスにも惚れ惚れしました。
本当にどうしましょう、この18歳。

c0068891_22525982.jpg
シャーは2度目でサマになってきたようです。
最近は会社の人にも”大竹っていいね”と言われるほどの世間的な注目を集めて、誇らしくもあり、いずれどこかに・・・と今から心配したり。

c0068891_22533389.jpg
ニャーのおにいさんが代表候補合宿に追加召集!
苦しんだ時期があるからこそ、今がある。
平山にもそのことを知って欲しいと思います。

さて、タイトルにある”結婚指輪を外した理由”ですが、大したことではなくて申し訳ありません。
要するに、東京の試合に行きだしてから、試合中にコールに合わせて拍手をする時間が多く、指輪をしていると90分を終えたときに手が痛くなってしまうので、タンスの引き出しにしまってしまったという、それだけです。

フロント主導のような”多摩川クラシコ”に半分しか気持ちが入っていかない雰囲気もあったスタンドですが、選手の気持ちとプレイによるリードで次第次第にノリがよくなって行きました。
同点になってからの気持ちの入ったコールと拍手の中でプレイする選手たちとわたしたちの間には”絆”があったと思います。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-04-20 23:27 | FC東京


<< いいのかこれで? 気合入ってますか? >>