10番だから敗戦の責任は負ってもらおう

マリノス戦(日本発条スタ)0-3 明大前にてテレビ観戦。

梶山って自分でも出るまでわからないのかもね。
今日は持ちすぎが多かったし(用するに判断が遅い)、ミスも多い、悪い方で目立っていたみたい。
10番がこれで勝てって言われてもって感じでしょうか。

森村に代えて大竹だったときに”森村>梶山?”と思ったけれど、10番を簡単に代えてはいけない。今日はちょっと調子悪いから、なんていう理由では10番は決して変わらない。

いままでとは違う、そのことをしっかり噛みしめたら、敗戦の責任を負ってくださいな。
あなたは10番だし、これまでの東京の10番とは違う選手のはずだから。
でもまあ、見た目ではわからないけれど、地味に焦っていたみたいね。

試合後もリブリで飲んで、ニッパツから帰ってきたみんなの不景気な顔を迎えました。
1日だけはがっかりしてもいいけれど、すぐ試合です。
次、行きましょう、ホームです。

田中ハユマと長友の攻防は長友の勝ちだったね。
でもハユマが目立たないときはマリノスの調子はいいときなんですってorz
[PR]
by inadafctokyo | 2008-04-03 00:39 | FC東京


<< 切り替えのきかない朝 大竹洋平選手U-23代表候補選... >>