ナビスコ第2戦に期待

選手のコメントを見ると、良いところ悪いところがわかっていて、いいと思うんだ。

平山:(ゴールの場面は)動きなおしを意識した。前線にボールが来ないときどうしても下がってしまう。

大竹:絶対に追いつこうと思って出場した。流れは変えられたが、得点に繋がらなかった。
いおぞうさんのところに大竹FKのyoutube 貼ってあるので見るとラブリーだ。


クリ:それぞれが孤立してしまった。もう少し厚みのある攻撃が必要だった。
フィニッシュまで持ち込む形、前線にボールが入った時のアイディアも少なかった。

サリ:守備に追われ、城福監督の新しいサッカーへのチャレンジが出来なかった。全体的に運動量が少なく、誰かが前線に抜け出すような動きも少なかった。

トク:一人一人がもっと強い気持ちを持っていれば、ああいう形で失点はしなかったはず。この経験を次につなげ、最終ラインの4人を中心にもう一度話し合っていきたい。

梶山:ボールをうまく回すことはできても、フィニッシュまで行けなかった。サイドから崩そうと話していたが、中への入り方などもっと工夫しないと。

吉本:チームとしてもっとはっきり抑えるところは抑えないと。フェルナンジーニョ選手に対しては飛び込まないようにした。矢島選手に対してマークしきれない場面もあった。

いつも辛口、石井アドヴァイザーも選手間の距離と連動性を問題にしていたけど、今年は試合と練習を経る中で、課題が解消されていくような期待感があるんだよね。

日曜はどんな試合になるのか楽しみだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-03-22 10:36 | FC東京


<< 楽しいバスツアー ナビスコ始まりました >>