ペーニャ・フロントスタッフ交流会その2

東京サポのユニフォ-ム着用率は低い。オフィシャルのTシャツ、BBNRのTシャツ、それぞれの
サポーターグループのTシャツ。それ以外のなんとなく青赤い服。みながそれぞれに東京を応援しているという気持ちを自分のスタイルで表現する。遠目から見ると青赤で近くで見るとばらばら。そういうのが東京のサポーターだと思っていて、わたしはそれが好きだ。

今まで、村林さんを含めて古株のスタッフの人はそういうスタイルを認めていたと思う。
でも今後はクラブのそういう姿勢も変わっていくのかなと思った。
今までは言い出しにくかったけれど、本心ではスタジアム中が青赤のユニフォームで埋まる、そんなスタジアムを実現したいと思っているのかもしれない。考えてみれば当然なのだが。
今まで言い出しにくかったというのは、BBNRに対する配慮があるせいかと憶測する。
しかし、最近ではBBNRTシャツの勢力もだいぶ弱まったようだし。

昨日来たスタッフから明らかにオフィシャル以外のものへの拒否反応に近いものを感じて、少しがっかりしたわたしだ。紺じゃなくて青にしてって・・。  でも、そんなのKa・・・
いくつかのサポーターグループには、洒落ていて楽しいグッズを今年も期待したい。それが東京愛。わたしたちのスタイル。だからといって、オフィシャルを否定はしないし、無理して買っては仕舞っているのだから。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-02-13 00:18 | FC東京


<< オールナイトニッポン フロントスタッフの人がペーニャ... >>