赤嶺の弟がFC琉球へ

立て続けにどたばた更新です。ご迷惑おかけします。大した内容じゃないのにいちいちチェック入れて下さっている方には、お礼とお詫びです。
でも、これから実家なので、あとはパソコン無し。つい掃除の合間にアップしたりして。普段は仕事があるからせいぜい日に1度がやっと。
土日はアウェイ遠征などない日は実家です。年とった母が一人暮らしで、実のところ一人暮らしはそろそろ無理かなと。週半ばでヘルパーさんに来て貰ってはいるのですが、早晩なんとかしないと行けないかもしれません。

さて表題の件ですが、鹿児島実業でキャプテンをしていた赤尾公くんはその後鹿屋体育大学に進学しました。野洲が優勝したときのあの時の鹿実のキャプテンです。いつも対戦相手への敬意を忘れなかった赤尾くんの涙は切なかったな。
鹿屋体育大学の試合を調べていたら、そこに赤嶺祐樹という名前を発見しました。小学校も一緒だし、弟?だよね。と思っていたら。
沖縄タイムズでこの記事が。
これからはお兄さんと同じプロサッカー選手ですね。頑張ってください。
あまり似ていない印象で、真吾より背が低くてポジションはMF。大学では10番でした。

それにしても琉球はいったん解雇した選手をトライアウトで再契約って・・・。
単なる年俸ダウンだろ。
まあ、あれだ、うちもあんまりよそ様のことは言えません。ほんとそうですけど。

このレベルのクラブの条件は厳しいものがあるだろうな。でも若いし、サッカーが好きなんだから、どうか前向きに元気に精一杯やりきってください。
ほんと、誰であっても応援してます。

赤尾くんが坊主じゃないのは不思議だった。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-01-26 15:12 | サッカー


<< 日々のトレーニングに思う 行けアルウィンへ! >>