焼き鳥 日本一

大人はいつまでもめそめそしてはいられない。ほんとにそうかな。
あたしは大人じゃないから、いいけど。この調子じゃ100になっても大人にはなれない。
c0068891_1523028.jpg三鷹台の駅前にあった焼き鳥屋「日本一」がビルの建替えのために昨年の7月に閉店して、日本一サポは寂しい思いをしていた。
そしてついに今月15日に移転オープンの運びとなった。

最初に三鷹台の店に足を踏み入れたのは、娘がまだ小学校に上がる前。
小さな娘のためにご亭主が丸イスを3つも重ねてくれた。
2002年のワールドカップの試合はほとんどそこで見た。
狭くてお世辞にもきれいとは言えない店だったが、焼き鳥には誇りを持っていた。
安心して寄れる店だった。

その日本一が富士見ヶ丘に開店した。
レバーも砂肝も煮込みも以前のまま、というより以前よりもレベルが上がったように感じた。
店自体はびっくりするほどきれいで洒落た店構えになっている。
本当に久しぶりなのに、FC東京のサポーターだということを覚えていてくれた。
明大前以外にも大事な店が復活した。

富士見ヶ丘駅の出口2を出て、井の頭通りに向かって駅前商店街の通りをまっすぐ。
西友を過ぎて、人見街道を越えてセブンイレブンの二つ三つ先。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-01-19 02:10


<< おはよう小平! 叶わない夢--さよなら憂太、大... >>