はにゅとせんせい

ジェフでも代表でもこれまでのサッカー人生で味わったことがないくらいの絶望感を感じたシーズンを送った羽生は、今年を振り返って来年以降に繋げたいと思い、暖かい声援を送ってくれたサポーターに感謝していた。でも、今期所属するのは東京になるらしく・・。
羽生の日記を読み返してみるとジェフも苦しいシーズンだったのだ。
失意のシーズンを送ったのは私たちだけでは無かったのだ。そのふがいなさや情けなさを味わったシーズンをサポーターの声援で支えられたのも本当だと思う。

千葉のチーム事情はよくわからない。自分のサポートするチームのことだって、わかったようなわからないような、表に出てくることしか本当のところはわからないのだもの。
阿部勇樹のときジェフのサポーターは必死で引き止めていた。今回はどうだったのだろうか。動きが多すぎて対応し切れなかったかもしれない。
この間、東京のサポーターも今ちゃん引き止めにはかなり動いた人もいるようだ。スタジアムでの今野コール、小平での説得或いはお願い作戦。それらのことがどの程度影響したのかもわからない。今野コールに号泣する今ちゃんを見たら、そんなに悩んだのだからどのような結論であっても、もういいよと思ってしまった。

名古屋から大森征之が移籍してくるらしいという話にも驚いた。名古屋のサポーターもショックを感じている人が多いのでは。10年在籍している選手なのだ。ピッチ上の監督、先生と呼ばれていた。東京としては得るものが大きいのではないかと思う。
「このチームはサッカーがわかっていない」と言われそうな予感がするが、先生何卒よろしくお願いいたします。

基本的に本人が決めた移籍については恨み言も何も言うまいと思っている。ただ、来てくれた選手にはここに来て良かったと思える何シーズンかを送って欲しい。それも簡単にはいかないことはわかっているが、わたしは心から受け入れて応援しよう。昨年は福西に馴染むのに時間がかかってしまって後悔している。まさか1年で去ることになるとは思っていなかった。1年1年を大切にしたいと肝に銘じている。
魂が抜けたような思いを何度か味わった昨シーズン、強く願えば叶うものなら、いくらでも願うよ。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-01-15 17:13 | FC東京


<< はたして地球外生命体はいるのか 見間違いじゃなかったプレシーズ... >>