アマラオの引退試合について

先日のJリーグ・アウォーズでアマラオが功労賞を城彰二とともに受賞しました。
そして、城の引退試合が1/27に三ツ沢で行われるようです。

アマラオは? と思ったわけですよ。
今、お知らせがないということは無さそうなんじゃないの?

FC東京と言えば、アマラオ。いまだに梶山のことを知らない人は多くても、東京の11番と言えば”アマラオ”と言ってくれる人は多いです。
クラブやわたしたちに貢献してくれた、愛されたアマラオに引退試合のひとつも実現してあげられないなんて、FC東京の、サポーターの名折れじゃないの?
アマラオでしないなら、もう誰もできないってことじゃないのか?どうよ。

味スタを借りるとね、2時間で80万円(控え室3室込み)、30分のオプション付けると35万円。
これはウェディングの場合だけど、そう大きくは変わらないでしょう。
200万としてもね。1人3,000円くらいは払ってもいいわよね、みんな。
1万人じゃ少ないかな。でも3千万円。できるでしょう。
1万人で少ないなら、2万人集めるだけよ。

たとえば江戸川陸上競技場なら、午後を借り切っても¥37,800!わたしでも借りられるわよ。
やって欲しいな、やらなくちゃ!

どうしよう、お久しぶりのメッセージボードに書き込もうかしら。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-12-19 12:30 | FC東京


<< 親孝行クラブ クラブミーティング@幡ヶ谷 >>