遠い社会復帰への道

シーズン中は不義理とか嘘つきとかへっちゃらだ。
毎年シーズンが終了すると社会復帰と称して、突如として一般人(東京サポ以外の人)に愛想がよくなり、付き合いもよくなる。
一昨日は大地を守る会の打ち合わせがあった。毎年2月に行われる大地最大のイベント「だいちのわ」の各地で行われる地区集会のうちの一つを担当することになっているからだ。
打ち合わせが進むにつれ、チェックを頼まれていた原稿にほとんど目を通しもせず手も入れていないことに気付く。なにか上の空でスルーしてしまった。多分、そのメールが来たのが土曜の試合の後か前だったと思われ。

そういえば今年はチームの成績が振るわないこともあり、特に負け方がひどい試合があったりして、心痛のあまり?一般人に対しては甚だしく無愛想な態度を取り続けていたような気がする。
こうしたことに思いが至るあたり社会復帰は近いと言えるだろう。
しかし、まだEmperor Cup 略してEカップ に勝ち残っている。

まだ本格的な社会復帰には至らない。(至らなくてけっこう)

わたしは慌てていろいろ言い訳をしながら原稿を修正して昨日メールで担当の人に送った。

カテゴリは大地なのか?東京なのか?
[PR]
by inadafctokyo | 2007-12-13 00:49 | FC東京


<< クラブワールドカップ! 城福浩さんが次期東京監督に >>