江戸川の団地脇遊歩道の紅葉は毎年美しい

丸亀に行きたしとは思えども丸亀はあまりに遠し。
せめてもと江戸川でU-18の応援をせんとて来て見れば、M林さんやO金さんなど甲府でも見かけた方々に会い見えるなり。さてはFC東京の懐具合もかなり厳しいと見ゆるなり。今野引止めのために交通費も節約すなるとな。
結果はユース、トップとも勝利にて目出度し目出度し。


本当は結果を知らずにLIVREで録画を見ようと思っていたのだけれど、フロントの方々の様子でわかってしまった。
前半途中でやってきた観戦者が「負けてるよ」と言うのを小耳にはさみ、へこんだ。
またユースだけが残ったのかと沈んだ気持ちでいたから、一気に天にも登るような心持で浮ついて、土日を過ごし、いろいろ大切なことを忘れ、呆然としたのだ。
ダメ人間さ、わたしは。東京の試合がある限り、しかもトーナメントだったりしたらその間自分自身が使い物にならないなんて、もういい加減分かってもよさそうなものじゃないか。そんなわたしに大事な役目を頼まないで。(逆切れ)

FC東京U-18の対戦相手は千葉SC。
千葉はメチャメチャモチベーションが高かったと思う。応援に来ていた人たちも含めて。その応援は高校野球とJリーグのあんまりいいところじゃない部分を併せたような感じで。
ユースでブーイングってどう?と感じたのだが、気合がさせたのだろうと微笑ましくもあったのだ。下部組織の声変わりしていない人たち中心のようでもあったし。
ユースの試合っていい。楽しかったな。
感心したのはボールを止める技術ね。なーんだそんなことって、それがきちんと正確にできると次のプレイに余裕が生まれる。東京ユースの選手たちはちゃんと出来ていた。
PKの1点で勝ったが、もう1,2点入っているべきだったと思う。
パスを繋いでいいところまで行くのに、詰め切れないことも多かった。
昨年のチームの方がまとまっていたような気がするが、勝っていくうちにどんどんよくなっていくものだ。
最後の大会でいい結果を出して欲しい。次はフクアリ。

丸亀の試合は明大前で観戦。試合後にあのマフラーをみんなが首にしていた。嬉しかったね。
山本人間力さんの解説は旧オリンピック世代を誉めてばかりで、みんな笑っていた。
次の熊本もなんとか勝てと願うばかり。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-12-10 01:27 | FC東京


<< ここは大江ブログでもあるのだ 勝利! >>