南アに最も近い男

c0068891_6485529.jpg

地理的にですが、福田健二。
現在所属するラスパルマスはスペインリーグ2部、カナリア諸島の中の島で、スペインというよりは確かにアフリカに近い。
1部昇格のためにヌマンシアで10ゴールと活躍した福田を獲得したが、現在最下位と低迷している。健二は大腿筋の肉離れで戦列離脱中。怪我さえ良くなれば、きっとチームの勝利に貢献するはず。
海外に出て5年目、スペインで3シーズン目、夏に帰国したときはアジア杯をテレビで見ていたそうで、日本人選手とやってみたいと話す。
11月15日には健二の人生の戦いを描いた「RUN」(小宮良之著)が発売される。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-11-14 07:01 | FC東京


<< ファンの団体がクラブを買収 FC東京スタッフ >>