次の試合で150試合を達成する人は

茂庭照幸さんです。
新潟戦に出場すればJ1での150試合出場が達成されます。
これから200試合、300試合とキャリアを重ねて行くのでしょう。
新聞紙上で報じられていることが、本当のことかどうかわかりません。
それでもそういう話が出ても不思議ではないような、昨年と今年の状況でしょう。

今年はナオとモニはチームの中心として、自覚をもってやっていくと東京中日紙上でもシリーズで対談が載りました。
個人としてもチームとして納得の行かないシーズンだったでしょう。だからこそ、来期は今年できなかったことをやり遂げるという決意を見せてもらいたい。
それを果たした上で胸を張って、飛躍のために出るなら出るで支持したいと思います。出なくてもいいんですけどね。

このチームになんらかの問題があるなら、モニやナオが率先して戦える環境作りをしてほしいと願います。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-11-07 23:26 | FC東京


<< 寒がりなねこ 情緒不安定の中高生対駄々っ子の小学生 >>