多摩川クラシコ

今日、川崎さんの企画で多摩川を船で渡って味スタに行こうというツアーが催行されました。
どうなったかなんて、気にしてる場合じゃない人が多いとは思いますが、一応ご報告まで。
小さな船で15人くらい?のサポーターがやってきました。でも着ぐるみのフロン太はいなかったのよ。えーーーって感じ。

そしてせっかくね、これだけ双方で盛り上げて、船で来るっていうフロン太さんたちをそっけなくスルーするのもつまんないから、明大前LIVREペーニャの仲間たちが朝もはよからお出迎えに行きましたよ。そうですとも、えらいよ、うちの男の子たちは。(女の子もいました)
ゲーフラ作ったり、フロン太たちの通る道を青赤のロードにしたり、盛り上げに一役も二役もかいました!トーチュウもクラブスタッフも来なかったけどね。
川崎のクラブスタッフに偉く感謝されたそうですけど。

緑とのダービーよりも富士通やNTTとの対戦の方が歴史を感じる部分はあるね。
だからこそクラシコなんていう名前をつけたのでしょう。

そういうところを面白がって、本気で遊び半分で乗っかりつつ楽しもうっていうスタンスが東京サポーターのいいところだと思って。最近はどうだろうと疑問に思うけれど。だからうちのペーニャの若い(わたしよりずっとね)人たちがこういうところでやってくれるのは嬉しい。
でもこれだけやるから余計に辛いよね、今日の結果は。
でもね、決して無駄じゃないから。
多摩川クラシコは続けたらいい。今年は完敗。でも来年がある、それでもダメなら再来年、わたしの孫の時代にでも必ず今日の借りは返しておくれ。
忘れるな。今日のこと。

でも引きずるな、今年中はもう思い出さなくていいから。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-10-29 00:21 | FC東京


<< 補って 暑い! >>