天気のいい日のお茶飲み話です

昨日の試合後、LIVREに残ってペーニャの方々とうだうだ話しておりました。
オリンピック代表について、来期の構想について。
監督はこれという人がいないなら、また一からみたいな選択は止めて欲しいなという空気が支配していたような気がします。もし替えるなら、誰それという具体的な名前も上がっていましたが、城福さんの名はありませんでした。
当然上がってきても不思議ではない身内の名を上げるほど、真剣には考えていなかったということだと思います。まだ残り試合があるし、天皇杯だって。

J1FC東京が来季、原博実監督(49)との契約を更新しない方針であることが21日、分かった。後任はU-17日本代表監督として今年8月のU-17W杯で指揮を執り、FC東京強化部にも籍を置く城福浩氏(46)で調整している。

サンスポのこういう断定的な調子はなんでしょう。
ホントでもウソでも早いもの勝ちでのっけてしまおうというこの手の記事は無視するに限るのかもしれないけれど、”方針であることが分かった”って何さ?
どうしてこの時期にこういう記事が出てしまうのかな。

そして城福さんが”若手の育成に定評のある”って。
それは大事なことだろうけれど、まだそれかって。永遠にそれかって。

まだ決まってもいないことであーだこーだ言っても仕方ないですね。はい。
おしまいおしまい。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-10-22 11:48 | FC東京


<< 喧喧諤諤な日々或いは罅の入った... 秋らしくそこはかとなく寂しさ募... >>