元旦はどうします?

「元旦は国立で^^」企画の締め切りが明日になりました。

最低人数には達したようですが、どうせならプランBを実現したいと思うので、参加を呼びかけます。
選手・監督だけでなく、フミさんやテツさん、山川さん、浜野コーチ、山岸トレーナーなどなど皆様にもメッセージとマフラーを贈りたいじゃないですか。選手と同じものをその手に届けたい。
ただですね、ドクターまで含めるなら忘れてほしくなかった、栄養士の久保田尚子さん。アウェイの試合にも駆けつけて、仕事で必要とされる以上に尽力してくださっている彼女の名前がないなんて!!
プランBが実現するなら、是非久保田さんの名前も入れて欲しい。できないならわたしの分を差し上げていただきたいと思います。

考えてみれば天皇杯はいつも悲しく寂しく終わってしまった。いつも手の届かない遠くで。
あんな思いをするのなら、1回か2回で目の前で負けてしまったほうがいいとさえ思った。
今年も勝ち抜けばどこか遠くのほうで試合が行われるのか。帰ってきてくれ、頼む。わたしも頑張る、何に?いろんなことに。
このわたしがこの年で頑張るのだ、みんな頑張ろうよ。

とはいえ、表明はしたものの正式なエントリーはまだだ。
メッセージが難しい。個人宛でも全員宛でもいいというのが難しい。ぎりぎりまで粘ってみます。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-10-16 23:58 | FC東京


<< 釣り逃した魚は ユースも小学生も面白いねサッカーは >>