ナオのお隣!

前回のブログ更新がナオと2分差でJBでもさっかりんでもナオと並んでた。わーい、更新したくないよー(アホか・・・)
色白くんと並んだこともあったけれど、何しろ色白くんはわたしより更新がすばやい。すぐに離れてしまった。

梶山ブログで見た写真の平山が、はっちゃけてて笑った。
仲のいい選手同士だとこんな表情なんだ。なんだかほっとした。
相太、梶山の誕生日にごはん奢ってくれてありがとう。(なんでわたしがお礼?)

色白憂太くんとも平山は仲がいいみたいね。
プライベートでは、やす くり ゆうへい そーた けんじと仲良くしてますよ(by 馬場憂太オフィシャルブログ)

憂太と梶山って仲どうなんでしょ。ユースでも一緒だったけど、ライバル意識の方が強いのかもしれないな。そうであっても少しもおかしくはない。
犬の趣味は一緒だけど・・。

182のインタビューでサリさんが、”去年試合に出られなかったときにサッカー人生で初めて心が折れそうになった”と言っていた。
試合に出る出ない、そういうことは既に超越しているように思っていた。そのように見られることが多いサリさんでも、やはり昨年は特別だった。

開幕からナビスコ含めて5試合Subとして名を連ね、1試合で交代出場。しかし4/26のホーム横浜戦を最後に公式戦で浅利悟の名前がコールされることはなかった。復帰は8/20のあのジェフ戦。
倉又監督の初采配となったフクアリで、先発出場。劇的な逆転勝利を飾ったピッチにいた。
その後6試合に先発。

4/26から8/20までの心が折れそうな4ヶ月。でもサリはそのことをすごく後悔していた。
それで今年は試合に出ようが、メンバーに入ろうがメンバーから外れようが、常に自分というものを持って練習に取り組むというのを第一に考えようと思いました。

心が折れそうなときはあるよね、誰にでも。
憂太も梶山もナオもそういう時はあるよね。頑張ってることは分かってるから言わないし、何もできないけれど、スタジアムで元気な姿を見るのを本当に楽しみにしているから。
みんなみんな頑張れ(やっぱり言っちゃった)


もし願い事がかなうことしたら?と聞かれて、サリはこう答える。

やはり点を取りたい。点を取ってサポーターのところに走っていきたい。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-10-02 23:41 | FC東京


<< 娘とお茶を 体力消耗、良薬は甘いものなのに >>