動かないボランチ

タイトルは名波が福西を評して言ったことば。
「動かないボランチ像を確立した」 冗談でですが。
しかしその後その路線を継承するものはいないようだ。

清水のサポーターが彼をどのように思っているか、選手紹介でよーくわかった。
どのチームにも一人や二人、彼によって痛い目を見た選手はいるはずだから、清水だけではなくてどのチームのサポーターからも怨嗟の声を浴びても不思議ではない。

自分のチームの選手としては空中一回転でファウルを貰う技も、あの顔で審判や相手DFに詰め寄るのも、やっちゃった後に知らん顔して給水しているのも笑える。
でも相手チームだとしたら、むかつくなー。
東京の選手であっても一歩引いてしまうからなー、どうしても。
私好みの選手ではないのだけれど、清水戦では小憎らしい、いやいや悪魔的に効いていたのではないか。清水サポまた更にむかつく。

良い子のFC東京のみなさん、良いところだけ真似しましょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-09-25 23:32 | FC東京


<< コミック3点-第1夜 なんてこともない写真で振り返る清水戦 >>