ノリオとピッカーニャ

ノリオの日記にブラジル料理を食べに行ってピッカーニャをおかわりしたとありました。
そのピッカーニャは料理の名前ではなくて、牛肉の部位の名前ですね。
お尻の部分で日本ではイチボとかランプとか言われる辺りです。ブラジル人は肉が大好きで肉にはうるさい。肉を食さなければブラジル人にあらず。そのブラジル人が最も好むのがこのピッカーニャと言われます。ヒレのような形の肉の塊に薄く白い脂肪がついている大変美味しい肉です。
岩塩だけでグリルする食べ方が一般的で、肉が良ければ塩だけで十分だということがしみじみわかります。
さて、ノリオは一体どれくらい食べたのでしょう。厨房で話題になるくらい・・・・。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-06-29 15:18 | FC東京


<< うちの 蒸し暑い日が続く今週 >>