LIVRE観戦記

c0068891_7243944.jpg前半で帰れば良かった。大阪のみなさんも東京のわたしたちも。
前半0で終えてれば・・・。それでも5点は取られたか。

3点目4点目では不満と怒りの声が満ち満ちていた店内だったが、5,6点目となると静かに嘆息が漏れるのみ。
試合終了後には客足の引けるのが早くて、やっぱりいつものメンバーが残って寂しく微笑を交わす。

後半20分ごろに頼んだお代わりのビールが来なくて、いつ言おうかと思っているうちにポンポンとガンバが点を取り、そのまま試合は終了した。お帰り客の波が静まった時点でその忘れられたビールを貰い、「ビールが来ないから負けた」と無茶苦茶な八つ当たりをマスターにかます。

それにしてもゴール前に攻め込まれてから、どうしてボールホルダーにみんなで行くのか。それじゃ何人いてもダメだろう。誰が統率して指示出してるの?それどころじゃ無かったか。
第一そんな後ろでバタバタしないで、もっと前の段階でなんとかしろよ。ダメ?ダメなの?

誤魔化し誤魔化しここまで引きずって来たけれど、行き当たりばったりの選手起用、戦術では無理なんじゃないだろうかね。結局個々の調子やメンタルの良し悪しに左右されすぎでは。

中2日は同じ条件のはずだけれど、90分通しての運動量はあっちの方が優っていたし。東京は前半15分に全てを賭けるというゲームプランだったらしく、あとはもうさっぱり。

浦和にしろガンバにしろ着実に補強が実のあるものになっているチームと、裏目に出ているチームの差ってものもあるな。お金の問題だけではないね。

中澤聡太は良かったね、ガンバに移籍して。うちじゃDFは自信を失くすよ。

さて、鹿嶋はどうするか。こんな試合を見せられたら行くっきゃないのかな~。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-06-24 07:36 | FC東京


<< キャットタワー FC東京ホットラインはCMがいいよ >>