試合に行くといろんな人がいていいね

新宿から乗った京王線の列車に途中駅から中学生か高校生かという年頃の男の子が二人乗ってきた。背の低い方の子が大切そうにタオルマフラーを友人に見せた。「本当はユニフォームが欲しいんだよね。18番の。」
この年頃の人にはユニフォームは高嶺の花。

平日の夜の味の素スタジアムは久しぶり。あのナビスコ準決勝、対ヴェルディ戦以来か?
やっぱり味スタはいいなと思う。ホームだ。
ホームには年寄りも働き盛りも色気盛りも思春期もこどもも幼子もいなくてはいけない。平日夜の国立にサラリーマン集結!もいいけれど、やはりホーム味スタには適わない。この間は夜だったからさすがにいつもよりその姿が少なかったが、国立だとこどもたちが少なくて寂しい。

毎年Jリーグから「スタジアム観戦者調査報告書」が発表される。観客動員数、その構成、平均観戦頻度や同伴者数などを知ることができる。
2005年の報告の中で年齢分布を見ると、東京の場合30代が一番多く35%、次が23歳-29歳で24.7、40代が16.6、19-22歳が9.7、18歳以下が9.5、50代以上が4.5となっている。どこも20~30代が多いのは当然だが、田舎(って言っちゃいかんのか?)の方が高齢率が高い。30代が40%を超えているチームがJ1に3つある。
川崎、神戸、大分。
今後、味スタのU-18率そしてU-12率の推移を見守っていきたい。

ユニフォームを高嶺の花として憧れている頃が一番いいかもしれないね。

ところで、浦和戦のときの空席のことで騒がしくなっているようだ。メッセージボードの説明は一度読んだだけでは疑問符が消えなかった。しかしとにかく浦和だからだということで納得した。最悪の事態を予測せざるを得ないのは浦和だから。仕方ない。
やれビジネスチャンスがどうたら、観客動員数がどうのって言っても、できることをやったのかどうかはわたしたち自身にも問うべきこと。
へたれです。一般発売前から何度も前売りのチャンスを作ってくれた。そのときに1人3枚買えば良かったのだ。1枚しか買いませんでした。まったくへたれ。
来年から必ず3枚買います。そして友人をトーマスのタオルでぐるぐる巻きにしてバックスタンドに座らせます。すみませんでした。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-06-22 00:17 | FC東京


<< LIVREは満員ですと なにを引き換えにしても >>