なにを引き換えにしても

c0068891_0103699.jpgたとえば今日の勝利を引き換えにしても浦和に勝ちたかった。
勝点に軽重の差はない。それでも。

帰りにリブリに寄って、それほどテンションの上がらない祝杯をあげる。
そんなの甲府に失礼だ。
店を後にする際に、勇敢にも明大前LIVREに乗り込んできた、しかし店の隅っこにへばりついている甲府のサポーターと握手をする。
甲府のサポーターだからできること。浦和だったら死んでもできないからね。

最終戦はみんなで小瀬に乗り込んでいくからね。

そして行くつもりは無かったさいスタにも必ず行くから。行くことにしたから。


双眼鏡を覗かなくてもまっすぅのいかり肩はすぐ見つかった。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-06-21 00:25 | FC東京


<< 試合に行くといろんな人がいていいね 偏頭痛と腰痛 >>