多摩川クラシコにむけて

3日の試合の後思わず呟く「下位決定」のひとことに、鋭く繰り出される「甘い!」との非難。はい、今の順位では入れ替え戦ですね。

最近はチーム状況や試合内容だけでなく、ファン,サポーターに対しても或いは不満、或いは心配する声が聞かれます。元気ない、気合が足りない、一体感がない。選手もきっとそう感じているでしょう。
わたしもしばらく前から、そのように感じています。声を出そう、気合を入れようとやってはみても、結局尻すぼみというような間の悪い思いを度々味わいますね。でもピッチ上で表現されていることと無関係ではいられない以上仕方のない面もあるのかなと。

元気が出るような内容では無いよう(あ、すいません、すいません)

多摩川クラシコにむけて、アマラオのコラムが発表されました。
なぜ今なのか、なぜこの状況で多摩川クラシコなのか。今の状態で注目を集めることに躊躇する気持ちは正直に言うとあります。でもものごとに偶然はないのかもしれません。

今だからこそこの試合を戦わなくてはならない。今できる精一杯のことを見せてみる。選手もわたしたちも。だから選手が頑張るからには(わたしたちサポーターが頑張らせる)ふにゃちん采配は引っ込めといて貰いたいってこと。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-05-05 15:24 | FC東京


<< 迷い道 罰当たりなゲーム >>