多摩川クラシコ

川崎フロンターレとの多摩川クラシコが本格的に熱を帯びてきた。J’s goalでこんなに力を入れてくれるとは。これから毎日川崎と東京の選手のコメントを載せていくそうだ。
何気なく昼にJ’s goal のページに行くとトップページに この写真
「急にボールが来たので」状態で不意を突かれてうろたえてしまった。まさかここでこの人にこの笑顔に会えるなんて。困るよ、わたし仕事中だし、予め言ってくれないと動揺してしまうじゃない。わたしの島の社員はありがたいことに席を外していたので、眼鏡を外してティッシュで鼻をかんでも見咎められることはなかった。

久しぶりアマラオ

中西哲生氏との対談がどこかに掲載されるとともに、東京のHPにも登場するようだ。こういう仕事をするということは例のあの話にも信憑性が増してくるような気がする。

多摩川クラシコについてはもっと調子が良くなってからにしてほしかったというのが本音。川崎のお陰で華々しく取り上げられているのじゃないか?って僻んだりして。下位同士だったらクラシコとか言ってもね。
それでも川崎公式で発表された中西さんのインタビューを読んで、誇り高くしっかりと戦いたいと思った。わたしたちサポーターも勿論のこと。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-04-23 15:54 | FC東京


<< 2004 Jリーグヤマザキナビ... ホーム味スタ初勝利は何度でも >>