メッセージボードにご意見を

オフィシャルで発表になりましたメッセージボード
前期、観客動員が落ち込んだことを真剣に受け止めて、対策を打っていこうとする一環ということです。

自分の職場でも痛い目にあっていますが、調子のいいときに手を打っておかないと間に合わないということです。落ち込んでからでは遅い。しかし、今からでも何でもやっていこうという方向は間違っていないと思います。
ペーニャの集まりでも、フロントスタッフの側にサポーターの意見に直接耳を傾けようという姿勢がある限り、多少の浮き沈みはあっても持ち直す、という意見が多かったのです。
どうすれば観客動員が増えるかと意見交換をしても、わたしたちはほっといても試合に行く人たちですので、想像でものを言っているしかない部分もあります。そういうわたしたちはクラブとの精神的な距離がとても近い。あくまでもこちらが一方的にそう感じているだけです。でもそのことをもっとうまく(言葉は悪いかもしれないけれど)利用したらいいのにと思います。

このブログを見て下さっている方もそうかもしれませんが、クラブに対する建設的なご意見をどうぞメッセージボードに。メッセージボードに投稿する際は、まず意見をまとめて、ワンテンポ置いてから見直して送るというくらいにするといいと思いますね。
わたし、頭に血が上っている最中にご意見箱に書き込んでしまって、後悔したことがありました。
意見、激励、要望、たくさん反響があるといいですね。
[PR]
by inadafctokyo | 2007-02-02 22:51 | FC東京


<< イラブチャーってこんな魚 新人研修とか・・・東京中日から >>