魔法瓶はやっぱり象印だね

まあ、ただそれだけ。

神戸に行けなくて明大前リブリで観戦してました。サハラカップ決勝。

これまでの対戦相手とはあきらかにレベルが違う。
大したことないかな、平繁には注意だけど、と思った準決勝の広島とはちょっと違った。
これまで中盤で勝っていた東京がなかなか自由にさせてもらえなかった。
それが全てかな。後半に入ってからはワンタッチのパスがつながるようになったが、あの失点でリズムを失う。あれはファウルだろうけど。

昇格する3人も進学してサッカーを続ける選手も、勝つことでは得られないものを得たわけで、今後の道に、特に苦しいときに力にしてほしい。
1,2年生は決勝のピッチに立った経験を必ず次に生かしてほしい。

本当にありがとうと言わせてもらおう。東京のサポーターとしては不本意なシーズンを過ごした年の最後に深川、フクアリと素晴らしい試合を見せてもらえて、そしてクリスマス・イブに青赤マフラーでサッカー観戦ができるなんて、君たちのおかげです!

今日は悔やむことでいっぱいかもしれないけれど、明日からは次の目標に向けて弛まず進んでください。期待しています。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-12-25 00:58 | FC東京


<< 若い人たち クリスマスは静かに >>