ジャーン

東京中日に出ちまった「ジャーン退団」
好きで退団するんじゃないけど。

今年は確かに怪我も多く、本人も納得の行くシーズンではなかっただろう。
東京中日の記事によるとシーズン途中から契約更改を心配していたと言う。
日本人の選手ならもう少し余裕をもって見てもらえるのかもしれない。
外国籍の選手は厳しいな。
でも、おかしな選手の獲り方をして無駄遣いしていることを考えれば、ジャーンをあと数年、取りあえず来期も戦力として抱えることにそれほどマイナスはない筈だ。
新しいブラジル人のDFが本当に使えるのかどうかわからない。本当に来るのかどうかもわからない。
ジャーンなしのDFラインの目処が立ったというならともかく。
本当に大丈夫なの?
若い選手にとってジャーンは頼りになる存在だったでしょう。

真面目で努力家で日本語もとっても上手になった。

Jの他のチームで移籍先が見つかることを祈っている。

あーもう、悲しいよ。

物分りの悪い、聞き分けのないコージさんは偉い。

いつもいつも 回りのことを忖度していられません 人間だもの
[PR]
by inadafctokyo | 2006-12-01 23:49 | FC東京


<< 愛しがいのあるチームかぁ 臍で茶を沸かすには? >>