ワシントン選手の帰国について

ワシントン選手が、怪我の治療のため、ブラジルに帰国することとなりました。
また、当クラブは、ワシントン選手との来年度以降の契約を継続しないこととなりました。


事実だけを簡潔に伝えてくれるオフィシャルですが、もやもやが晴れないんですよ。
よくわかってるんですが、割り切れないんですよ。
議員は使い捨てだって元首相のあの人が言ってました。大きらいだったあの人の方が、大好きなチームより正直なのかって思ったんですよ。
回りくどく言ったからってわたしたちの気持が傷つかないかっていうとそうでもないんですよ。
どうして、ワシントンはこんなことになったのかって、もっと人間らしい言葉で説明してくれないと納得できないんですよ。
もう、”大人のせいだ、大人が悪い”って言えない年齢になっても、こんなことで憤るわたしに辟易しても結構ですよ。
慣れたくないんです。
M林さん、わたしとあなたは同じ理想を掲げた年代じゃないですか?
一人一人を大事にしようって思いましたよね。
若い頃に目指したことを実現する責任がありますよね。

クビになることはすごく悲しい。大変なことなんです。
その大変さをどうかちゃんと説明して、共有させてください。
どんな選手も一人も忘れたくないし、前途を祝福したいんです。

ワシントン、最後になりますが、今後のご活躍をお祈りしています。
どうかお元気で。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-11-16 23:06 | FC東京


<< よーしあしたは田舎だ! 3日連続 アウェイ情報 >>