ガーロさん お元気で

人間ガーロ。
tokyo-boys12さんのこのエントリを読んで、くすくす笑ってそしてしんみりしました。
その当惑ぶりに共感できたので、妙に可笑しかったのです。

わたしもガーロさんは好きではなかった。
東京に関わる人はできれば嫌いにはなりたくない。だから当然、いつでも誰にでも点数は甘くなっているはず。
良いところを見るようにしている。

まじめで敬虔で融通が利かない。
それが欠点とは、そこが好きでないとは言いづらいやね。
「まぁちょっと辟易してるんだ、でもよくやってくれますよ、ええ、うちの監督はね。」
いずれそんな風に言える日が来ればいいなぁと思っていました。

フロントだって、ガーロさんとサポーターとの溝を埋めようと、ファンクラブ通信でガーロさんの人となりを紹介していた。

とても印象に残る応答があります。
1日だけ他人になれるとしたら、誰になりたい?それはなぜ?
「ジョージ・ブッシュになって、世界中の恵まれない国や平和のためにお金を遣いたい」


真面目で心打たれる考えですが、やっぱりずれてるな。
世界の貧困や紛争の解決のためにはブッシュじゃダメでしょ。

それはともかく、ガーロさんにチャンスを与えてもらった選手は感謝しているでしょう。悪いことばかりでもなかった。
新聞記者のカメラに顔を隠したあなた。選手時代にルーカスのような挫折を味わうことはなかったのでしょうか。39歳のあなたにはかなり受け入れがたい結果だったでしょう。
でも人生はまだまだこれから。お互いに今回のことを今後に活かしていきましょう。

ガーロさん、お元気で
[PR]
by inadafctokyo | 2006-08-29 23:49 | FC東京


<< バスツアー中止のお知らせ FC東京ニュース vol.36 >>