つくね芋のように粘り強く

c0068891_13361758.jpg先週、今週の大地から来た”とくたろうさん”は「つくね芋」だった。
なんだかわからない写真なんだが、要するにじゃがいものような形をしたヤマノイモだ。自然薯よりも粘りが強く、すりおろすと逆さにしても落ちないくらい。これをあたり鉢ですりおろして、だし汁とみそで伸ばして飯にかけて食うとうまいよ。新鮮な鰯があったら、捌いて一緒にすりおろしてしまおう。そのときは生姜も入れた方がいいね。こういう田舎っぽいものは絶対俺の領分。
かみさんは小学生の頃から新宿に遊びに行ってました!不良!

注)昭和40年代のことですから・・・ちっとも危ないところじゃありません。隣の駅だし。(かみさんより)
[PR]
by inadafctokyo | 2006-03-15 13:56 | 大地を守る会


<< トリノでは熱いチャレンジが続いている 親父弁当が思う少子化 >>