シートカバーやステッカーその他いろいろ

ヤフーのオークション・サイトを覗いてみると、年間チケットに同梱されていたシート・カバーが既に出品されている。
味スタはどこぞの国(茨城にある独立国)と違って、椅子はきれいなので(スタッフのみなさま、いつもありがとうございます。)シート・カバーは使う必要はないと思う。
やはりこれはアウェー用なのかな。わたしの「鹿島、汚いよー」という嘆きがフロントさまに届いたのか?まさかね。
うちはファミリーSOCIOなので、2枚あるが売ったりはしない。

このブログの右の画像を変えてみた。
これはいつかのファミリー・ジョイン・デーに配布されたステッカー。
驚いたことに、このステッカーまでヤフー・オークションに出ていた。
わたしの想像力や理解力を超えている。
何枚かあるから欲しいならあげようか?と知人に言うことはあっても・・・。
大切なものを(大切だと思ったから手元に置いておいたのだろう。)ヤフオクに出して売ろうとする。或いは最初から売る気で手に入れる。そういう心根を蔑んでしまうのは、ネットに対する偏見だろうか。

またいずれ、明大前「LIVRE」でお宝自慢大会をやりたい。ステッカーとか団扇とかパスネットなど、わたしだって大したものはなくても数ならけっこうある。それを肴に一杯やりながら、東京についてのあれこれをファン同士で語り合う。そういうモノでしょう。
ヤフオクで落とした何かには、そのモノに命を与える何物かが足りない。
しかしただのモノでいいのだという人にとっては大したことではないのだろう。

開幕戦に行くと、必ずJリーグのノートを貰える。表紙の裏に試合日程が載っていて、それを持っているとスケジュールの確認に便利だ。使わずに取って置く人もいるのかもしれないが、わたしはいつも会議や打ち合わせの記録用に使っている。会議の途中で日程を確認するときには、表紙の裏を見てにやにやしながら、その日はダメーなどと言ったりするのだ。それが楽しい。
[PR]
by inadafctokyo | 2006-02-13 14:37 | FC東京


<< 100試合出場 雪の喜多方は旨い料理と飛び切りの酒 >>