ごめんねセレッソ

明大前LIVREにて観戦。
店に着いたら点が入ってました。相手に。
またー?

着々と他会場の様子も入ってくる。
一時は赤いのが優勝か?とぞっとした。(集まったみなさんもほとんどそう言っていた。赤い人たちって嫌われてるねー。仕方ないか。自らそれを望んでるようなところもあるし。)
それでもセレッソに負けるのはくそ面白くない。
目の前で胴上げされて、その悔しさに一念発起して天皇杯優勝ってのもありか、しかしそういうチームじゃないな。もっと違う場面で、要するに今ここで盛り上げてくれるのが東京でしょう。

テレビではやけに東京のコールが大きく入っていた。マイクのせいなのかと思っていたら、現地の人の話では実際セレッソ側は声が出ていなかったらしい。もったいないのう。
あんたたち、優勝はまだだね。

今ちゃんの「申し訳なかったけど、プロだから仕方ない。」というコメントが良かった。
きっと申し訳ないなんて思ってないし。

おめでとう、ガンバ。思えば一人相撲のように勝手に盛り上げて、ジタバタして結局優勝して、傍から見ていると呆れちゃうけど、良かったね。原さんにお歳暮贈っておいて。商品券1千万円くらい。

結局アルビさん主催のサークルで意地を見せたのはうちだけかい。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-12-03 23:11 | FC東京


<< 結論が出ました 冬のでっかい花火をあげちゃいますか >>