さくら舞い散る中に忘れた記憶と君の声が戻ってくる

c0068891_11504089.jpg土曜日はこのようなバイザーを4万人に配布するようです。6千人は東京? そんなに?
そして優勝への望みが絶たれたとき、過去の記憶がいやでも甦る。東京のサポーターの雄たけびも長居に響く。

大久保もやはり忘れていなかった。「J2に落ちたときはFC東京との試合だった。」

 気づけばまたこの季節に 君との思い出に誘われ
 心の扉たたいた でも手をすり抜けた花びら

この歌詞意味深です。


 さくら舞い散る中に忘れた記憶と君の声が戻ってくる
 吹き止まない春の風 あの頃のままで

長居に行かれるみなさん、よろしくお願いします。
明大前で応援してます。相手が本気だから、ついついこちらも本気モードで、多分胃がきゅーっとなるだろうな。テレビ観戦って苦手。

でもDFラインは大変なことになっているようです。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-12-01 11:57 | FC東京


<< 冬のでっかい花火をあげちゃいますか ユニ模様のショッピング・バッグ >>