そんな阿部ちゃん

阿部ちゃんは、まだクリのうちに居候を続けていて、
「なかなか気に入った部屋が見つからない。」
「でも、居心地が良くて」
「栗沢に彼女がいれば早く出て行くけど」
そんなことを笑いながら話す。
あなたにもね、彼女がいれば後輩の部屋に居候なんてことはしないでしょうけど。

以前のサッカーマガジンのインタビューでは
中学のときから夜遅くまで練習。高校のときも練習しすぎて膝がおかしくなったり、あるとき休んだらポキっと音がして良くなったとか。
プロ選手を輩出するような学校ではない中で、強い信念で目標に挑んできた阿部ちゃん。
きっと大学でも高校でも後輩のいい目標になっているのだろうね。

そんな阿部ちゃんがやる気まんまんの大分戦、早めに出してください。お願いします。
16番も出してください。お願いします。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-24 21:28 | FC東京


<< スコアレスドロー くるくるTシャツがやってきた >>