いつまでもがっかりしていても仕方が無い

いつものだんなの余計な一言に凹む。
「イタリア行ってれば怪我しなかったのに。」

しかし出勤途中、西荻窪の駅前でFC東京ニュースを配布しているユニフォーム姿にうんと励まされた。ホームゲームの前には必ず配っている。案外、受け取る人が少ない。
ホットペッパーとはいい勝負だけど、武富士には負けてるかな。みんなティッシュなんてつまらないよ。FC東京ニュースは絶対面白い。
わたしはいつも一言かけて受け取る。

今号のプレイヤーズ・インタビューには茂庭照幸くんが登場。
「この壁を乗り越えれば僕らの時代が来るから」
そうそう、信じてるよ。

梶山については
「1試合ごとに自分のやるべき仕事を身体で覚えている。最初のころは動き方がコンちゃん頼みの時期もあったけれど、今は危機察知の能力がすぐれてきている。」
モニが言うなら、そうでしょう。

「小さいころから仲間の輪に入っていくのが得意だった。」照幸少年は長じて、日本代表に入っても気後れせずに、本大会出場を狙っている。

ところでこの欠場選手情報ですが、やはり今期うちのチームはダントツで怪我人が多いのです。こういう資料を見せられるとうーん・・・。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-21 16:20 | FC東京


<< くるくるTシャツがやってきた 異邦人の祈り >>