つかの間かもしれない喜びでも十分

c0068891_0375991.jpg戸田のバースデー・ゴールに茂庭の100試合出場。花束贈呈にやってきた茂庭兄は似ていた。

今日の内容から言っても、今後も苦しい試合が続くと思われ、精神的な問題より戦術的な問題が大きいとわたしは思うのだが、ここまで来たら、とにかくできることは応援すること。

残り試合ホームはもちろんアウェイも参戦することが目標。

新潟は難しいと言わざるをえないが。

さて早く寝ないと、早朝に起きて八街まで出かけ、稲刈り。

投票はもう済ませた。

闘う意志のあるところに必ず希望はある。すぐに叶わなくても、すこしづつでも明るい方に向かっていかなくては。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-09-11 00:53 | FC東京


<< 稲刈りが終わると秋がやってくる おとうさん大好き >>