本日!福島

7月4日(土)カタログハウスの店 東京店「本日!福島」特別セミナーに行って来ました。
c0068891_963761.jpg
カタログハウスの東京店でもお酒を扱っている大和川酒造の杜氏、佐藤哲野さんが講師を努めました。
c0068891_913716.jpg
哲野さんは蔵元の次男に生まれ、越後杜氏の安部伊立さん、その後を引き継いた叔父和典さん(現社長)から薫陶を受け、県の清酒アカデミーで醸造学を学び、昨年9月に杜氏になりました。21年の入社以来5年の助走期間があったとはいえ、酒造りの責任者に就任して1年での金賞受賞には喜びは勿論、安堵も隠せないようでした。子供の頃から彼を見てきた私もほっといたしました。
c0068891_926191.jpg
この日は酒造りの行程から大吟醸、純米などの酒質について、また自社田での酒米造りを語り、大和川酒造の様々なお酒の試飲もあり、大和川の酒を愛する私たちには嬉しい企画でした。
哲野さんは特に自社田での酒米造りがあることによって、年間通しての酒造りがあること、地元産にこだわっての酒造りであることに誇りを持っていることが伝わりました。
大和川酒造がお米を作っているのは35町歩、全体使用量の半分くらいにあたるそうです。夢の香、美山錦、五百万石、山田錦、雄町など5種類の酒米(酒蔵好適米)を栽培しています。
カタログハウスの学校の企画の中でも非常に人気が高く、予定より回数を増やしての実施となったそうです。
なかなか爽やかなイケメンですしね。
お母様の陽子さんによりますと、仕事が好きで蔵に入り浸りだそうで、お嫁さんを見つける暇はあるのかな。
これからも良いお酒を作って下さいね。

さて、B1の「本日!福島」では私たち夫婦にとっては顔なじみの生産者の野菜やJーRAPの乾燥果実や野菜がありました。
c0068891_937597.jpg

c0068891_9392953.jpg

c0068891_94211100.jpg
ぶどう、桃、りんご、みかんなどの乾燥果実は低温で乾燥させますので、驚くほど風味が残り、しっとりと美味しいものです。梨がまたとても美味しくて大好きなのですが、今回はありませんでした。紅茶などと一緒に。
c0068891_94402.jpg
こういった商品は企画の段階から、少しずつJ-RAPの関根さんや大輔くんが試作していたのを見ていますから、こうして東京でいつでも買えるのは嬉しいですね。
c0068891_9482294.jpg
ほうれん草と小松菜の乾燥させたものもありました。こちらはお味噌汁やお浸しは勿論ですが、スムージーを作るのに断然お勧めします。色もきれいで、アクの心配もありません。※食品は全て放射能検査済みです。
カタログハウスの東京店B1福島応援ショップ「本日!福島」にぜひ足をお運びください。
店名の「本日!福島」にはこの小さい店に訪れてくださるみなさんに、東日本大震災とそれに続く原発事故によって様々な苦難を強いられた福島の風土と人をいつも思って貰えるようにとの思いが込められているそうです。
場所は新宿南口、全労済ホールのすぐ近くです。
[PR]
by inadafctokyo | 2015-07-05 10:09


<< 汗をかく休日 まだまだ甘い >>