笑顔でごきげんよう

また久々の更新になってしまいましたが、ホームの試合は観ています。別に勝たなきゃ更新しないというわけでもないのですがw
ゴール出んウィークと嘆いた0-1(4/29名古屋)、0-1(5/3浦和)、0-1(5/5大宮)と3連敗、5/10の徳島戦は0-0・・・・。4試合ノーゴールはイタリアでも経験がないというフィッカデンティ監督ですが、後藤さんの練習リポート、阿久根社長他の情報によると、ぶれずに取り組んでいる、積極的な姿勢が見られるとのこと。期待をもって迎えました。
負けられない一戦にスポボラで参加。中断前最後のホーム味スタでのリーグ戦には2万6千人超が足を運びました。うち、アウェイサポーターは約3千人。ようこそ!
この日は新人選手研修として平岡翼(ひらおか たすく)、圍謙太郎(かこい けんたろう)両選手が運営ボランティアの仕事を体験しました。
メイン会員受付を担当したわたしの目の前にずっと平岡選手がいたのですが、しばらく気づきませんでした。スーツでしたので165センチの平岡選手はフロントの新入社員かなと思ってしまって(笑)ごめんなさい。圍選手はさすがに大きいので、間違えようがありません。
椅子ふきから、ミーティング、会員受付、報道対応、ごみ収集まで体験して最後のスポボラミーティングにも参加して、挨拶をしてくれました。二人ともとてもしっかりした挨拶が出来る選手です。
さて試合です。席についた時には2点先制・・・。う、嬉しいことは嬉しいんですが。
前半早い時間に点を取れて、楽になった東京はのびのびとしたプレイが目立ちました。
もともとそんなに失点しないという後ろへの信頼があるので、先に点を取ってしまえば前の選手は肩の荷を降ろして自分の力を発揮出来ます。
千真、平山を先発から外して、エドゥー、武藤に変えたことが功を奏しました。河野、三田も持ち味を発揮して動きが良かったですね。
エドゥーは出場機会が少なくモヤモヤもあったと思いますが、日本のサッカー、生活に慣れて本領発揮する時期だったのではないでしょうか。
前半と後半早い時間にいつも東京は攻勢に出ることが多いと思いますが、そこで点がとれたことが全てですね。そして守備での奮闘も全員が素晴らしかったと思います。

負けた時は観客は足早に帰っていきます。後ろは振り返らないとでも言うように。
昨日はみなさんゆったりと帰り支度をして、スタジアムはなかなか空っぽになりませんでした。
ファンクラブテント前を通って行く人の列を見ていると、自然と笑顔になります。
そう言えば、この日は意識しなくてもずっと笑顔でいられました。
c0068891_17414352.jpg
見学者のみなさん。ナオさん、ヘルニアはだいぶ回復してきたようです。
c0068891_17543375.jpg
梶山も中断明けには出場可能となるでしょうか。スーツは圍選手。

東京は権田、森重、ガンバは遠藤、今野がそれぞれW杯出場メンバーとして選出されました。遠藤と今野はあまりその存在感は見せられませんでしたが、今野がCBに下がってからの方がチームが落ち着いた感があります。ボールを持つたびブーイングをされ、まさかとは思いますがちょっと萎えていたのかも。そういうメンタルが愛される理由でもあるのですが。権田と森重はザック監督の目にはどう映りましたでしょうか!
日本代表選手のブラジルでの健闘を祈ります。

相太も千真もブラジルには出られなくても、まだこれからやるべきことはあるはず。私は期待しています。
それではごきげんよう、さようなら。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-05-18 18:16 | FC東京


<< 天皇杯2回戦 対青い稲妻秋田! 桜のころ >>