桜のころ

c0068891_1130085.jpg
ソメイヨシノが終わると八重桜です。
八重桜を詠んだ歌で誰もが知っている歌と言えば・・
いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな (伊勢大輔)
この頃の京都では八重桜が珍しく、わざわざ奈良から天皇に送られた、その八重桜を詠ったものですね。
ソメイヨシノが咲く頃は今日行こうか明日行こうか、どこにしようかと心がそぞろになります。1回や2回花見に出かけてもこれで良いということはなく、その時期が過ぎてしまうと、何かがっかりしてしまいますが、ふと気づけば八重桜。
その頃には落ち着きを取り戻し、ゆっくり花を楽しむことも出来るような気がします。
飛田給駅前の八重桜には2種あり、これは薄緑と白の花びらに一筋桃色が入っていて、毎年その美しさに見入ってしまうのですが、御衣黄(ぎょいこう)という種類だと聞きました。

c0068891_12123321.jpg
この時期、飛田給の駅を降りてスタジアムに足を運ぶ人たちを八重桜が迎えるのは良い景色となっています。
スタジアムの周囲はソメイヨシノで彩られていて、鳥栖戦の際は雨を避けながらの花見の宴が開かれていました。この試合がソメイヨシノの頃だったら、浮かれるような大騒ぎのもとで行われていたでしょうから、一般的な「桜」の時期が終わっていて良かったのかもしれません。

昨日はスポボラで車椅子サポートでしたので、ずっとメインにいて写真はこの桜並木のみ。
車椅子で来場された方も昨日は多く、用意した席はほぼ一杯になりました。それにしても車椅子席の後ろで控えていると寒くて、薄いダウンを着ていたのですが、足がつってしまいました。
フォルランのお姉さんも来場されていたのですが、寒さのせいか屋内に場所を変わられていたようです。

社長が前日選手に話したそうです。「ファンの人たちが、うちはたくさん入ると勝てないと言っている。払拭しないと」
フォルラン効果でもなんでもいい、満員のスタジアムで勝たなければとスタッフも選手も勿論ファン、サポーターも強い気持ちを持って臨んだ試合でした。
選手入場時には青と赤のストライプがバックスタンドに描かれました。メインで見ると実に見事です。それを見て入場する選手は胸高鳴るものがあるでしょうね。

前半は権田の守るゴール側にカメラが殺到(笑)
はいはい、そうでしょう、そうでしょう。しかしシャッターチャンスはついに訪れなかったのですね。
私たちボランティアもシミズオクトのスタッフ同様、試合に一喜一憂してはいけないのは当然なのですが、後半2度立ち上がってガッツポーズしてしまいました。
全員が意図的に動き、よく走っていました。広島で内容が良かったというのは嘘じゃないんだなと思いました。(観ていません)
河野は水を得た魚のようですし、生まれ変わったようでもあります。
高秀先生も日頃彼にぶーぶー煩い輩をも黙らせる出来でしたね。
平山の頼もしいこと。いつの間にか大人になっていた(笑)
よっちのゴール前での落ち着き!大学もがんばって。
40,761人、セレッソファン以外には満足して貰える試合となりました。

大人のみなさんにとっては酒のうまい夜でしたね。

めでたしめでたしなのですが、私はソシオ入場よりずっと前に登録外選手を知ってしまい、リーダーの話が耳からポロポロ零れ落ちて行きました。
ガラス越しに自分の名前の横断幕を見てその人は何を思っていたでしょうか。その場所を多くのファンが振り返って見上げているのを感じてもいたでしょう。
しかしまだまだこれから。誰にとってもこのチームは可能性があり、成長のチャンスがあるのだと感じられた試合でした。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-04-20 15:19 | FC東京


<< 笑顔でごきげんよう 石川直宏ファンミーティング >>