石川直宏ファンミーティング

チーム始動の1周間前にナオさんのファンミーティングが催されました。会場は昨年と同じ、青山ベルコモンズ内のホールに200名の参加者を迎えました。
昨年は大雪でしたが、今年は穏やかな天候でした。
そしてビルの入り口でベルコモンズが3月いっぱいで閉館することを知りました。
1976年開業以来、この地らしいファッションビルとして時代を牽引してきたベルコモンズもその役割を終え、今後はオフィスビルとして新しい道を探るようです。

受付を終えて、トークショーが始まるのを自分の席で待っていると、控え室から近かったこともあって、ナオさんがお子さんをあやす声が聞こえてきました。二人目のお子さんが産まれ、余裕のあるお父さんぶりが伺えます。会場には弟さんやご両親を含めてご家族がいらっしゃいました。そのこともナオさんらしいことだと思いました。

ブログやインタビューでも「もどかしい」「今年は技術的な部分よりも精神的な部分で鍛えられた」「無気力な姿を見せてしまった」と複雑な胸の内を匂わせていましたが、トークショーでもかなり踏み込んで話してくれました。
昨シーズンは非常に辛い時期があったこと。プロ生活の中でも横浜で試合に出られず悩んでいた当時と同様な苦しさであったと言い、たとえほんの一時期ではあってもサッカーをやめるというようなことも頭をよぎったようです。

湧き出てくるような思いがないという言い方でしたが、怪我をして試合に出られない時期、そしてコンディションが上がってきても試合に出る時間が短く、心と体が整わないような状況が続き、常に前向きに強い思いで取り組んできたサッカーに対する姿勢にも迷いが生じたということではないでしょうか。
どんな苦境にも前向きに立ち向かって、転んでも必ず立ち上がってくる人。私たちはナオさんにそんなイメージを抱いています。
東京で在籍期間がもっとも長くなり、東京の重要なアイコンになっていることを自覚し、立ち居振る舞いにもそれが現れています。
一方では新加入した選手が着実にスタメンに名を連ね、若い選手も伸びてきて出場の機会を争うこともある。内心穏やかではないでしょう。しかしそうした状況をもきっとプラスに変えてくれるはず。そんな周囲の期待も時には重いと感じることもあって当然です。

昨シーズン、眠れない夜はどれほどあったでしょうか。ご家族の前でつい浮かない顔をしてしまったこともあったと伺われます。

ポポ監督や社長にも話をするなかでアドバイスを受けたり、日々チャレンジしていくなかで徐々に回復の過程をたどって行ったことが語られました。
危機は乗り越えられたのです。
この場だからこそ、ここまでの話をしてくれたのでしょう。

その後、試合後や移動途中に撮った仲間の写真を紹介しながら、肩の凝らない話もたくさん聞けました。スパイクやユニフォーム、私物のプレゼント抽選会もあり、いつもながらの暖かい雰囲気の中で会は終了しました。

私たちはこの人が決してくじけないこと、転んだり立ち止まったりしたときはまた更に強くなって、新たな武器を携えて戻ってくることも知っています。
今シーズンは監督も変わり、フラットな競争が始まります。ナオさんの特徴を理解して貰って、スタメンにこだわり、結果を残す中で代表をも視野に入れてほしいと望んでいます。
現役の間は欲張って、きらきらしていてほしいと願う私は、今年こそゲーフラを作りたいと思っているのです。

c0068891_16255028.jpg
一緒に参加した友人と。友人の許可を得ないで掲載してしまいます。
[PR]
by inadafctokyo | 2014-01-19 16:31 | FC東京


<< 桜のころ 小平始動 >>