大好き大宮

ナック5スタジアムに娘と行って来ました。
娘にとっては天皇杯決勝以来の現地観戦。
大宮に4時頃到着して、東口の「力」に。浦和の力は敷居が高いけれど、ここはアルディージャのフラッグとともに東京のフラッグも掲げられています。
アルディージャサワーは薄いオレンジ色で、バヤリース風味のサワーという感じ。
モツ煮や焼き鳥に合わない・・・。
でも、ここでアルディージャサワーを飲み干したのが良かったのかも(笑)

席はビジターバックにしました。指定なので並ばなくてもすみますし。

前半は大宮のプレスが聞いて、東京が先制するものの、今期よくあるように追いつかれ、逆転。
この段階で娘は「久しぶりに観るのに、やめてー」と悲鳴を上げていましたよ。
しかし、この日はまだまだ終わらない。ルーカスが2点目を決めて、前半を折り返します。
とにかくこの日のルーカスはキレキレで、攻撃だけでなく守備でも奮闘。最後の最後まで仲間を引っ張って、勝つんだという強い意志を体現していました。
そして、途中投入された平山がよく働いて、後半は東京のリズムが非常に良くなった。
ちょっと落ち着きたいところはありましたが、結局5-2で快勝。

ルーカスのハットトリック、三田と平山のダメダメ押し。
三田の4点目が決まった90分には大宮ファンがぞろぞろ帰り出し、試合終了後大喜びして選手を迎え、ふと気がつくと、スタンドに残っているのは、東京ファンばかり。
帰り道も見かけるのは青赤ばかりでしたね。
前半の大宮と後半の大宮は別物で、今期を象徴しているようでしたが、前半のサッカーを続けるのは難しいですかね~。

ナックのコンコース、階段は狭くて、帰りはいつも渋滞してしまうのですが、選手チャントを次々歌って、苛々もありません。
平山~アーリア~ノリオw~ヤザー~戸田~アマ~と勝利の宴は延々と続くのでした。
c0068891_10205865.jpg

電車が遅れて、帰宅は遅くなりましたが、娘の久々の観戦を大勝に導いてくれてありがとう。
娘が知っているのはサブを含めてもルーカス、徳永、ナオ、平山、塩田くらいですから、何かと言うと「ヒラヤマ~」と叫んでいました。そこに平山がいなくてもねw
[PR]
by inadafctokyo | 2013-09-29 10:24 | FC東京


<< リーグ戦最後の国立1-4 9年ぶりの勝利 >>