期待の若手

c0068891_12512563.jpg

市川春猿。歌舞伎役者。猿翁一門の若女形。1970年生まれ。「澤瀉屋」
父は画家、母は会社員という一般の家庭に生まれ育ち、幼少の頃より歌舞伎に魅せられ、中学の時には周囲からもその歌舞伎熱を認められるほどだった。
卒業後、運命のように国立劇場第9期歌舞伎俳優研修生になり、88年に修了後念願の猿之助門下に。
笑也、笑三郎とともに人気女形として引っ張りだこ。気風の良い江戸の芸者、可憐な町娘が似合うが、これから経験を積んで芸に深みを増していくことが期待される。

昨年の猿之助襲名披露公演「ヤマトタケル」においては弟橘媛(おとたちばなひめ)を演じた。ニンに合った良い仕事だった。

そしてこちら
c0068891_13261820.jpg
U-18から昇格した期待の大型ボランチ野澤英之選手。11年メキシコで行われたU-17W杯に日本代表として選出、8強という結果を残した。U-18ではキャプテンを務め、プレミアリーグ昇格をめざし、関東プリンスリーグ1部を最終節まで粘り強く戦ったが、得失点差で昇格を逃し、悔しい思いを味わった。
ずっと夢だったトップチームのユニフォームに袖を通し、大きな飛躍を遂げたい。

で、この二人似てませんか?似てますよね~
[PR]
by inadafctokyo | 2013-02-19 14:11


<< 開幕戦勝利! PSM鳥栖戦 >>