LCCに乗ってみたよ~

大阪行くのに成田から飛行機って物好きとしか言いようがないけれど、乗ってみたかったんだLCC!
LCCって言うのはLow Cost Carrierの略で効率的な運営により低価格な運航サービスを提供する航空会社というわけで、日本でも本格的に運航が始まっているね。

実際乗ってみて、効率的で無駄を排したという意味が実感できたのよ~。
成田まで普通の電車で行きました。うちから成田間より成田-大阪間の方が時間はかからないのね~
第2ターミナルの端のほうにJetStarのカウンターやチェックイン機があります。オレンジ色だから、目立ちます。
予約はWebでしました。自動チェックイン機に予約番号を入力すれば搭乗券が発行されるので、それを持って搭乗ゲートに行けばオッケー!
LCCは普通の航空会社と違って締め切りが早いから気をつけて。出発30分前には締めきってしまいます。そうなると受け付けて貰えないと思ったほうがいいみたい。
LCCは保有している機体が少ないので、到着したら点検掃除お客さん乗せて、はい出発!そのようなわけで、遅れてはいけません。
搭乗ゲートはバスゲートなのでこれも離れたところに位置します。
c0068891_13304934.jpg
バスに乗って飛行場の中を走るって好きです。
c0068891_13324437.jpg
かわいい飛行機ですよ。
c0068891_13332699.jpg

c0068891_13335854.jpg
飛行機もキャビンクルーもお高く止まったりしていないの。
荷物を預けるのも飲食も必要な物を購入するシステム。行きはビール、帰りはコーヒーを買いました。ソフトドリンクは持ち込めますが、酒類は持ち込めません。ビールはアサヒのドライでした。機内で飲むとまわりますね~。コーヒーはインスタントかと思ったら(メニューを見て)レギュラーでバランスの取れたDTLより美味しいと言って良いと思います。

クルーの制服は無駄にデザインや素材にお金はかけていません。この日はハロウィンの飾りを髪や服につけていました。
かつて飛行機に乗ること、航空会社で働くことがステータスという時代もありましたが、いまはもうそんなことはありません。このバスのようなかわいい飛行機で私は十分です。座席も思ったより余裕がありました。
ただリクライニングの角度が少ないので、長時間の飛行は厳しいですね。オーストラリアに行くのもこれなのかしら。

LCCに乗ることと大阪で友人に会って旧交を温めることが目的の一つではありましたが、もうひとつは・・
キンチョウスタジアムでセレッソ大阪との試合がありました。

c0068891_13584665.jpg
関西空港から阪和線に乗って「鶴が丘」で降りるとスタジアムはすぐそこ。何しろ電車から見えるんです。庶民的な町の庶民的な通りを抜けて
c0068891_1404172.jpg
ほらついた。長居公園。味スタと同じくらい迷わない。
c0068891_142524.jpg
誰かいた・・
c0068891_142582.jpg
スタジアムの周囲はお祭りのように屋台が沢山出ています。
c0068891_144889.jpg
この日のゴール裏。セレッソとの掛け合いもテンポよく決めてました。
c0068891_14102775.jpg
電車からスタジアムが見えるということは、観客席から電車が見えるということで
c0068891_14111280.jpg
こんなふうにすれ違ったり
c0068891_14121679.jpg
別の色の電車が来たり、こどもたちには大人気です。
c0068891_1419211.jpg
アイドリングのライブがあり、ビバパラでMCやっている子は東京ユニ着ていました。
c0068891_1420148.jpg
試合は先制されましたが、ネマニャのゴールで追いつき1-1で試合終了、東京サポもセレッソサポももやもやしたまま帰り道の足は早かったですね。
c0068891_14205974.jpg
この日のMDPは粋なお計らいで茂庭選手。両サポーターからのモニワコール合戦もありました。
J'sGoalのレポートのように「見応えのある試合」と言うよりは、10位対11位の対戦に相応しいとしか思えなかったのですが、この勝ち点1をプラスに考えて、とにかくホームでの勝利を願います。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-10-22 14:29 | FC東京


<< 病める人 痛む人 敗戦に秋の深まりを感じる >>