先がいい?後がいい?どっち?

って聞かれてるような気がした。
J1第27節、FC東京対ジュビロ磐田 前半は個々の選手の動きがバラバラな印象。磐田が良かった。もう降格圏をふらふらしていた磐田らしくない姿はどこにもない。
東京は自分たちのうまく行かなさに気を取られたわけでもないと思うが、9分に淡白に失点。
前半で良かったと言うべきなのだろう。
1失点でハーフタイムへ。
「今日は後半が良い日なので」とツイートする。そうなってくれなければ困る。
後半、ネマニャが入ってから息を吹き返した。ハーフタイムで冷静になって色々整理したのだろう。動きも良くなった。
この日のマッチデイプログラムのインタビューは折よくネマニャ。企画した人は嬉しいね。
「とにかく試合は勝たなければいけない」と話すネマはゴール前に侵入することをいつも目指している。その良さが生きて2得点につながった。
アーリアもナオもカズマも良い所が発揮された試合だった。ナオのシュートはどうしてバーに当たるかな~。

梶山が足を痛めて交代。ナオさんもロスタイムに入るころ、足を若干引きずり気味だった。
試合後は座り込んでいた選手が何人か。公式では気温28度となっているが、日が当たっているところではもっとあるように感じた。体力気力を振り絞り、強い磐田に勝って勝ち点40とした。まず降格はない。もっともっと自分たちの優れた点を魅力的に表現していってほしい。

この日は最近結婚をした友人が観戦に訪れ、ご夫婦で我が家に立ち寄り、祝杯となった。
勝利と結婚とダブルの喜びである。
奥さんはわたしの職場の元社員。彼女が結婚した相手がまったくわたしの預かり知らぬことだが、FC東京サポーターだった!
男を見る目があるね~と大いに褒めたのだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-09-30 16:53 | FC東京


<< 秋空の下の無残な試合 いたたまれない・・・ >>