FC東京ユースを応援しよう

恒例のユースファンによるFC東京ユース応援企画が発表されました。

今年はタオルマフラーです。
c0068891_13575346.jpg


折よく昨日、クラブから三田啓貴くんの来期新加入内定も明らかにされました。
スクールからFC東京で育った三田くんのタイトル歴が輝かしい!

年に数回しかユースの試合を観戦していない私のようなものでもその名前が記憶に残るような選手であったことは確かです。

毎年、この企画に携わっている方のハンドルネームから連想することが、「くるねこ大和」という漫画家さんのブログです。
彼女は捨て猫を放って置けない人で、何度も何度も子猫を拾っては育てます。
乳飲み子は手がかかります。何時間おきかにスポイトで授乳、保温、排泄の世話、そして離乳させ、遊ばせ、健康に気を配り、手が離れるようになったら、里親を探し、可愛がってくれるご家庭に引渡します。
仕事を中断しての子育て、人間と違ってあっという間に一人前になりますが、いつもいつも感心する猫育てっぷりです。
子猫が何匹も駆け回っていた大騒動がやがておわりを告げ、元通りの生活になって呆然とする彼女を大人ネコがそっと慰めに来ます。
本当ならきっとそうやって手をかけ愛情をかけ育てたねこはずっと手元に置きたいでしょう。
でも、彼女の家には既にねこさんたちが住んでいて、そのままではすぐに限界がやってきます。
もううちにはスペースがないから受け入れられない、というわけには行きませんから、名古屋中のそして日本中の猫好きとネコが幸せになるように、彼女はこれからもねこを育てるでしょう。

FC東京のホームページで、これまでに下部組織からプロになった選手たちの名前を知ることができます。育成・普及
村林さんが嬉しそうに口にしていた選手たちの名前。
そこに載っていなくても、私たちの下部組織にはもっとたくさんの選手たちがいて、今もしっかりとそれぞれの道を歩んでいます。

今年も私たちの気持ちを届けるために、この企画への参加をお願いする次第です。
↓リンクをクリックしていただくと企画のページに飛びます。
2012 FC東京ユース応援企画
[PR]
by inadafctokyo | 2012-07-25 14:05 | FC東京


<< 攻撃的で魅力的・・ おおかみこどもの雨と雪 >>