辛抱

c0068891_228289.jpg市原臨海はこんなとこ。たしかにチェアマンがJ1の試合をするところじゃないと言っただけのことはある。
臨海っていうから、スタンドから海でも見えるかと思ったら、海なんてどこにも見えない。

夜だし、寒そうだからウイスキーのお湯割を保温ステンレス・ボトルに入れて持参。
食料も家から持参。試合前はご機嫌。

自分の贔屓チームは相手チームよりどこかしら優れているところを見つけて満足したいもの。
14日はこんなところまで大挙して応援にくるサポーターかな。

駅まで遠く、バスの列は長く、寒く、負けてるし、へこむなって言うほうがムリ。
バスの列でも、電車待つ五井のホームでも、千葉で乗り換えた総武線の車中でも、聞こえてくるのは青赤サポーターのぼやきばかり。

今年は辛抱しよう。選手の悪口言わないで、希望をもって応援し続ける(よね?するよね?)みんながやっぱりいいと思う。馬喰町で降りる時、そのことを伝えたかったけど、もちろんそんなことしません。子供連れたおばさんにいきなり隣人愛を告白されても困るってモノ。

うちの子は試合終了少し前になると、一番前に行く。挨拶に来る選手を少しでも近くで見たいのだろう。土曜の時は選手に向かってひどいことを言った大人がいると、泣きながら帰ってきた。
中にはそういう人もいる。周囲を見てこどもがいるかどうか確認してから野次なども言って欲しい。そのうちおかあさんがぶっ飛ばしてくれるぞ!こら!

21日はペーニャ準備の会合がある。勝って店に行きたいよー。頼むよー。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-05-15 22:23 | FC東京


<< もう一度 de nouveau... 東日本JR古河サッカークラブ >>