東京の星は輝く

胃が痛かった・・・。
後半アーリアが退場してからは、リブリではワンプレイ、ワンプレイに拍手が沸き起こり、5分のロスタイムも店内はホムスタと同様の一体感に包まれていた。
そして、権田のフィードが千真に渡り、伊野波を振りきってキーパーの股抜きゴーールーーー!
そのまま終了!

神戸はボールホルダーへのプレッシャーが早く、セカンドボールもよく拾って、大久保には怖さがあった。ただゴールが遠かったのは、運も足りなかったのかもしれないし、東京も集中していた。
野沢が効いていたなぁ。もっと連携がとれてきたら、相当強いと思う。

東京の先制シーンはボールを奪って15秒程度だったとかで、神戸のお株を奪う速さ。
押し込まれる展開の中で、少ないチャンスを生かした攻撃は見事だったが、それ以外はほんと、いろいろ負けていた。
こんな時もあるっていうか、内容が悪くても勝つって今まであまり無かったような気がする。
どんな内容でも勝ち点1でも取れてればっていうことの方が多かった。
降格とJ2で学んだことの一つかもしれないね。

千真くんは初得点、良かったねーー!

試合後は買い物をして帰宅したが、ふと夜空を見上げると星が力強く輝いていた。
ナオさん、ビッグマッククッションたくさん取ってください。

そしてスポーツニュースのはしご。
J1だなぁ・・と感慨にふける夜だった。

今朝の東京中日の一面はナオ!
まだまだプロ野球が幅を利かすスポーツ新聞界では、一面取るのは大変なことなので、ぜひ手に入れてください。我が家の近くでは3件のコンビニで売り切れていたそうですが。
c0068891_1427746.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2012-03-25 10:57 | FC東京


<< 窮屈な試合 広島戦 今日は神戸戦 >>