今日は神戸戦

今発売中のエルゴラによると、ボールを奪ってからシュートまでの時間は神戸がJ1で最速だ。平均して13.7秒でシュートに至る。東京は18.3秒でJ1に当てはめると13位。
速けりゃいいってもんでもないのだが、これまでの東京の失点パターンを考えると、神戸の速さは東京に対して大きな武器になるだろう。
補強もうまくいって、これまでとは違う強さを身に付けつつある神戸は手強いと思う。
蔚山戦での後半の失点シーンを良い薬にして、どれだけリスク管理ができるか、1試合で劇的に対処ができるようになるとは思っていないが、なんらかの工夫は見せたい。
クラブ初の開幕3連勝を狙う神戸は、連携面ではこれからだが、開幕戦ではセットプレーで2点、札幌戦でも内容が良くなくとも一瞬の隙をついて得点できる強さを見せた。
負傷離脱していたFW吉田孝行とDF高木和道のリーグ戦初先発が濃厚 、それによって伊野波がボランチで出場する模様。ボランチ対決も楽しみ。

東京の先発はどうだろう。蔚山戦の千真をルーカスに変えたメンバーかな。

神戸に行きたかった。
阪神淡路大震災後初めて神戸に観戦に訪れた時、あの大震災を思わせるものは表の顔には何も無かったが、長田地区には鉄人がいた。鉄で出来ているのに温かみを感じる28号は堂々と長田の町に屹立し、あの日を見つめていた。
あちこちから煙が登り、瓦礫で埋め尽くされた町を呆然と画面を通じて見るしかなかった、あの光景を忘れることはできない。

今また、私たちはかつてない災害に見まわれ、大きな試練に立ち向かっている。
贔屓のクラブを応援し、サッカー観戦を楽しめる日常に感謝しつつ、被災した街や人々が常に傍にいることを忘れずにいたい。

今日は、リブリ観戦の予定。
今年はリーグ戦は予約を取らないので、適当に足をお運びください。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-03-24 09:34 | FC東京


<< 東京の星は輝く 東京は晴れて青空は遠くまで >>